伊勢志摩の魅力を地元から発信♪メジャーな情報からコアな情報まで…

三重県の県立高校入試の勉強の仕方は過去問を中心にやるべし!

以前、こんな記事を書きました。

関連記事

子育てをしていく中で、学校選びというのは、人生の大きなターニングポイントだと思います。家をどこに建てようか?そう考えたとき、子供がどこの小学校・中学校へ進学するのがいいか?と思い決めることもあるでしょう。そして子供の成長に合わせて高校は[…]

筆記用具

この記事の最後で、県立の高校入試について過去問をやるべし!と少し答えていたので、今回はもう少し詳しく理由を述べていきたいと思います。

子育てのターニングポイント【高校受験】

猫

高校入試って子育ての大きな壁のひとつですよね。

どこの高校を選ぶかで将来の選択肢が変わることもあり、ひとつのターニングポイントになります。

とはいっても中学生が将来についてどこまで考えているかといえば、深く考えていない方がほとんどで、お父さんお母さんが中学生のときも同じだったのではないでしょうか?

だからといって勉強しない事は行ける高校を減らすことになるので、将来の目標がなくても勉強して成績さえ高ければどの高校でも行くことができるので必要になります。

伊勢志摩で受験するには?

受験までのやりたいことが見つかって「○○高校に行きたい!」と子供が思ったとしても、行きたい高校の偏差値に満たなければ合格することはできませんし、他の高校(やりたいこと)へと変更しなければいけません。

特に伊勢志摩にある高校は偏差値の違いが大きく、同じ偏差値内で違う高校を選びづらいのでその点も受験を勝ち抜くためには必要な情報といえるでしょう。

三重県の県立高校入試の勉強の仕方とは?

勉強

先ず言っておくことは、学校の先生や塾の先生の言っていることを優先にして、ヨッシーが書く内容については【ついでの情報】程度と思ってきいてください。

って前置きをしておいて、三重県の県立高校入試の勉強の仕方ですが、

【過去問を中心に勉強するのが一番!】

だと思います。

伊勢高校や宇治山田高校を受験するレベルであれば、勉強の仕上げに過去問を行うことが良いと思いますが、勉強があまりできない、やりたがらない子供にとっては、いかに効率よく勉強するかが重要になってくるのではないでしょうか?

『勉強しなさい!』って言ったところでやらない子が多いですし、受験に失敗する子に多いのが範囲の広さを理解していないことで問題が解けないことが多いのです。

受験は万遍なく出題される

【中3の勉強だけ理解していれば問題が解ける】【学校の定期テストと同じ】などと思っている方は受験に失敗しやすいです。

高校入試というのは中学の勉強がどこまで理解しているか?が出題理由になるので、1年生~3年生まで万遍なく出題されます。

数学や英語、国語であれば、学年が上がるごとに応用問題になってくるので中3の内容を理解していれば1年生の頃の問題が出題されても解くことはできるでしょう。

しかし、理科や社会などは学年ごとに習う内容が異なります。例えば、社会の場合は1年生で地理、2年生で歴史、3年生で公民と違う内容ですし、理科も1年生の始めで植物について習うことが多いですが、その後植物について細かく習うことはほとんどありません。数学的要素が高い物理系の内容は数学の勉強が整った中2の後半から習うことが多いです。

つまり、テスト範囲がかなり広いってことを理解していないと受験失敗します。

学校の定期テストは出題範囲が限られており2~3ヶ月の間に習ったところだけ出題されます。また、どんな問題を出題するかも先生がある程度教えてくれます。これでは受験の広いテスト範囲を受験前に定期テストと同じ感じで勉強しても出題範囲をカバーすることはできません。

だからこそ過去問を早めに取り組む

鉛筆

サッカーや野球などのスポーツでも相手の事を知って対策していたら負ける相手でもある程度勝負になったりします。勉強も同じで受験内容(相手)を知っていれば対策はとりやすいです。

早めに受験内容を把握するためにも過去問は遅くても夏くらいまでには知っておくようにしましょう。

平均点と配点を知っておくこと

三重県の県立高校入試は1教科50点満点です。平均点はどの教科もおよそ30点前後であり、5教科合計150点ほど取れることができれば偏差値50ほどの高校は合格レベルといえます。

得意教科不得意教科を把握してそれぞれで補えるかどうか?を考えつつ逆に言えば、1教科30点取れることができればまぁまぁの高校に行けるということを認識しておきましょう。

配点を知る

基本的に配点構成はどの教科も過去あまり変わりありません。

例えば英語であれば50点中14~5点はリスニングであり、この割合は全国で一番ですので、三重県の英語の県立入試はリスニングが重要です。数学の大問5は10点くらいの点数配分ありますが、非常のレベルの高い証明問題ですので、そこでの10点中2~3点取れるようにする。

など、配点を知っていれば特徴によってどこまで勉強するか子供の学習力に合わせて把握することができ、勉強の効率化を図ることができます。

できる問題から始める

数学の計算問題や1~2年時に習った理科や社会など、3年生になったばかりでもできる問題はたくさんあります。まずは点数という結果を求めるよりもできる問題だけを取り組ませることでどこを復習すればよいのかを知ることができます。

教科書の目次を見ればいつ習ったかは親御さんでもわかると思いますし、1~2年時の問題であれば簡単なはずと思いやすいので勉強に取り組みやすいでしょう。

三重県県立高校入試まとめ

  • 三重県の県立高校入試は過去問をやるべし!
  • 高校受験は定期テストと違い範囲が広い!
  • 相手(受験内容)を知ることが成功の秘訣!
よっしー
よっしー
今度は各教科ごとの対策を書いていくよ!!
さーちゃん
さーちゃん
φ(..)φ(..)φ(..)φ(..)φ(..)・・・
プレズ<Plez>
ここがポイント

ジム通い不要のオンラインダイエット!
2か月で体重-5.5kgウエスト-12cmの実績!
効果的/満足度/オススメNo,1のオンラインダイエット指導!
スマホだけでプロとマンツーマン指導!

問題集過去問
最新情報をチェックしよう!