伊勢志摩の魅力を地元から発信♪メジャーな情報からコアな情報まで…

伊勢志摩のお店はGoogleマップ最適化(MEO対策)をせよ!

実店舗を持っているなら、グーグルマップにお店の位置が登録してあるだけで、集客を見込めます。

  1. 近くのお店を検索する
  2. 目的のお店の評判を知る
  3. 目的のお店に電話をする
  4. 目的のお店のルート・乗換案内を調べる

などなど、ユーザーが行動する情報をGoogleマップひとつで終わらせることができます。

Googleマップの月間利用者数は4,717万人。

ここでは、この膨大なユーザー数を獲得するために行うGoogleマップの最適化(MEO対策)についてまとめました。

1 地図アプリNo,1のGoogleマップ

伊勢外宮参道をマップで調べる

Googleマップ月間利用者数が約5,000万人というのは、世界最大級のマーケティング調査会社であるニールセンデジタル株式会社が2020年7月にプレスリリースした内容になります。

ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポートによる地図・旅行情報カテゴリーのメディア利用状況を発表

また、株式会社テスティーが2018年9月にプレスリリースした地図アプリの調査によると、iPhoneで地図アプリを利用する7割がGoogleマップアプリを利用している結果となっています。

【全年代iPhoneユーザー対象】テスティー、「地図アプリ」に関するNPS調査を実施

さーちゃん
さーちゃん
初めて行くお店とかは絶対地図アプリ使って調べるしね。
よっしー
よっしー
ちょっと前の車だとナビの情報が古いから、スマホの地図アプリを使っている人も多いしね。

1.1 ユーザーのメリット

利用するユーザーが多いということは、それだけユーザーのメリットが大きいということ。

地図アプリとしての機能以外に、ユーザーにはどんなメリットがあるのでしょうか?

スポット検索ができる!

Googleマップの特徴として、スポット検索ができることがあります。

Googleマップに登録しているお店を表示させることができて、

  • お店名で検索できる
  • 地域とジャンルで検索できる

などを簡単に検索することができます。

ランチやカフェなどは、カテゴリーとして並べられていたりもするので、現在地から近くのお店を簡単に検索することができますし、

地図アプリとしてそのままお店までの道案内(経路)もしてくれるので、ユーザーはお店選びから目的のお店到着まで1つのアプリで完結することが可能です。

詳細情報を調べれる

Googleマップ内で表示されるお店の内容は、住所や電話番号だけでなく、

写真に動画、ホームページURLへのリンク、利用者の口コミなども掲載されています。

発信者側の情報だけでなく、実際に利用者した人の情報も見ることができるので、より深い情報を得ることができます。

圧倒的な登録数

検索するユーザーにとって、登録されているお店の数が多ければ多いほど選ぶ選択肢が増えるため、利用価値が高くなるでしょう。

地図アプリとして優秀

そもそもですが、地図アプリとしてもかなり優秀です。

ストリートビューで、街並みを画像として映し出すこともできるので、例えば、目的のお店の外観を見ることができます。

公共交通機関の時刻表や乗換案内もできますし、移動手段に違いによる経路時間や混雑度合いなどももちろん可能です。

1.2 お店側のメリットとデメリット

今度は逆にお店側からみたメリット、そして登録した際のデメリットを挙げていきましょう。

利用するユーザー数が圧倒的

既に述べてきたように、圧倒的なユーザー利用者数はメリット以外の何物でもありません。

大きな集客力

登録情報に口コミが増えれば、大きな集客を得ることも可能です。

Google検索にも表示

Googleマップアプリからではなく、Googleの検索システムからでも表示することが可能です。

例えば、『伊勢志摩 ラーメン』などで検索した場合、一番上位に表示されるのはグーグルマップの登録情報です。

このことをローカルパックと呼びます。

また、地域情報だけでなく、ビジネス情報で表示されることをナレッジパックなどと呼ばれます。

ユーザーが知るきっかけが多くなるということは、広告宣伝として大きな効果といえます。

悪い拡散も広まりやすい

口コミを集客として利用する場合、どうしても悪い口コミも拡散しやすくなります。

悪い口コミを放っておくと、悪循環になりますので、しっかりと対策を考えなければいけません。

対策しないと表示されないことも

Googleマップに登録することで、地図上にお店情報を掲載することが可能です。

しかし、アプリ内のスポット検索やGoogle検索では、Google側が評価が高いと認めたお店から順に表示されることになるため、

ただ登録しただけでは、大きな集客を得られない可能性が高いです。

特に都会では、近隣にライバル店が多いこともあり、Googleへの評価を高める対策(MEO)をするのは当たり前となっています。

これは田舎である伊勢志摩は対策しなくていいということではなく、今対策すれば、少ない労力でライバルと大きな差を生み出すことができるということなんです。

さーちゃん
さーちゃん
これだけの利用者が多いのも、ユーザーが満足できる機能が多いってことなんだね!
よっしー
よっしー
逆にいえば、お店側はそれだけユーザーを獲得できるってことにもなるよね。もし、登録していない、若しくは登録してもほったらかしだったら、、、ライバルと差がついちゃうよね。

2 マイビジネスに登録する

Googleマイビジネス登録画面

Googleマップにお店を掲載するには、Googleマイビジネスに登録することが必要です。

Googleマイビジネスは、Googleアカウント(Gメール)を持っていれば簡単に作成することができます。

Googleマイビジネスに登録する

2.1 情報を入力し承認まで待機

マイビジネスホーム画面

入力はとても簡単で、先ずは必要事項を記入し登録を進めていきます。

  • 必要事項を記入
  • PINコードが郵送されるのを待つ

必要事項の入力に関しては特段難しいことはないので、5分ほどで終わると思います。(後で修正可能です。)

例えば、店舗を持たない営業でも住所なしで登録することも可能です。

正式に登録されるためには、後日郵送されるPINコードを入力することが必要になります。

PINコードが郵送されるまでは2週間~20日ほどかかるので、それまでは情報の追加・修正をし、登録情報の精度を高めていきましょう。

2.2 ホームページがない方は

  • 無料ホームページをつくれる
  • 独自ドメインのメールアドレスもつくれる

ホームページがないお店の方は、無料でホームページ(ウェブサイト)を作ることも可能なので利用するのもアリだと思います。

簡易的なホームページですが、あるのとないのとでは集客も大きく変わってきます。

また、会社のメンバーと共有できる独自ドメイン(@以降をオリジナル作成できる)のメールアドレスも作ることも可能です。(有料プラン)

さーちゃん
さーちゃん
マイビジネスに登録するだけで、いろんなサービスを利用できるんだね!
よっしー
よっしー
無料で利用できるサービスが多いので、それだけでもかなりお得だよ!

3 Googleマップの集客方法(MEO)

MEO対策でWeb集客

MEOとはマップ・エンジン・オプティマイゼーションの頭文字を取った略で、マップエンジン最適化のことを指します。

要は、Googleマップで利用されるスポット検索やGoogle検索で一番目立つように表示される施策を行うことになります。

お店側のデメリットとして、何も対策しないと上位表示されないとはこのことで、Googleに評価の高い情報だと認識される施策を行っていくことになります。

施策としての難易度を☆の数で評価してみました。

3.1 口コミに返信する

良い口コミも悪い口コミにも、しっかりと返信することで、評価は高くなります。

返信するお店側の姿勢は、利用するユーザーにも高評価となるためです。

SNSをやられている方であれば、SNSでの返答と思って行動すれば負担なく行えるでしょう。

3.2 画像を投稿する

お店の外観や内装、商品など、ユーザーに画像としてアピールしたいものを投稿しましょう。

ただ単に画像を投稿するのではなく、ユーザーから喜ばれるように”映える”画像を投稿しましょう。

プロカメラマンにお願いしてみるのもありでしょう。

3.3 口コミを投稿してもらう

人気店であれば、口コミは勝手に増えていきますが、個人店やこれから開業する方などは口コミが集まりにくいでしょう。

先ずは、お店を利用したユーザーに口コミをお願いしたり、身近な常連客に口コミを書いてもらうなどしてもらうのも手かと思います。

書いてもらう口コミは、☆だけでなく、きちんと文章を入力してもらいましょう。

その際、関連するワードを入れてもらうことで、口コミが検索に引っかかりやすくなります。

アンケートなどを作って、そのまま全て口コミに書いてもらうようにするのもいいかもしれませんね。

3.4 ウェブサイトの充実

Googleマップの検索システムで上位表示させるには、リンクさせるウェブサイト(ホームページ)の強さを上げることも必要です。

ウェブサイトはSEO対策となるのですが、SEO対策とMEO対策を両軸で行うことで、相乗効果で強さを発揮していきます。

マイビジネス内で作ることができるウェブサイトは、SEO的にあまりよろしくないので、最大効果を発揮させるには別途ウェブサイトをつくるようにしましょう。

3.5 構造化マークアップ

ウェブサイトの充実に繋がるのですが、指定した語句をタグ付けすることで、意味ある言葉に変える方法のことを指します。

例えば、会社名をウェブサイトに入力しても、検索エンジンは単なる文字列としか認識しません。

そのため、『この言葉は会社名ですよ!』と検索エンジンに認識させるためのコードを追加させると、検索エンジンは名前と認識しサイトの情報信頼性が増すことになります。

Googleの構造化マークアップ支援ツールがありますが、基本サイト制作会社にお願いするほうがよいでしょう。

3.6 Yahoo!MAPにも登録する

Googleマイビジネスに登録し、Googleマップに表示されるようになったら、合わせてYahoo!MAP(Yahoo!プレイス)にも登録しておきましょう。

利用数はGoogleに及びませんが、年齢が高いユーザーほどYahoo!の利用頻度は高くなるので、客層を囲むためにも登録しておきましょう。

Googleマイビジネスに登録できれば、やることはほぼ同じですので、難しくはありませんよ。

Yahoo!プレイスに登録する

4 まとめ

  • 地図アプリ利用の7割がGoogleマップ
  • ユーザーメリット=お店側もメリット
  • Googleマイビジネスに登録
  • MEO対策をする
さーちゃん
さーちゃん
GoogleマップはInstagramとも連携しているし、集客には重要なアイテムだよね。
よっしー
よっしー
Web集客では、複数の集客方法が全て連動しているので、どれかひとつではなく、総合的に行っていくようにしましょう!
プレズ<Plez>
ここがポイント

ジム通い不要のオンラインダイエット!
2か月で体重-5.5kgウエスト-12cmの実績!
効果的/満足度/オススメNo,1のオンラインダイエット指導!
スマホだけでプロとマンツーマン指導!

MEOについて
最新情報をチェックしよう!